【和訳】テヨン - NYLONインタビュー

こんにちは!
少し古い記事ですが、前回に引き続きテヨンちゃんのインタビュー記事を訳しました。
今回はNYLONでのインタビュー、意訳です。
30歳と思えぬ透明感に見入ってしまい、すっかりインタビューを読むのを忘れていました。

インタビュアー:<NYLON>との初めての撮影、カバーガールになった感想を教えて

テヨン:私にとって<NYLON>はいつも”個性的”で自由奔放な雑誌だ。やっと<NYLON>に出られると聞いた時、自然に撮影できると感じて嬉しかった。私は頻繁に撮影する方ではない。インタビューと撮影が久しぶりで嬉しかったし、それが<NYLON>でもっと良かった。

思うままに自然体でいてほしい

もちろん。まずは気が楽だ。こういう雰囲気が好きだ。

どのカットを撮った時が一番良かった?

普段、気楽なことが一番だと考える。なので長いワンピースを着て座って撮影するときが面白かった。薄いミント色も私が好きな色だし。

10年以上ひとつの井戸を掘っているね。自分自身を評価すると?

そうだね。ひとつの井戸だけ掘ってる。そしたら左折してみようかな?笑
同じ井戸だけ掘ってばかりなので、地球の核につきそうだ。評価というより自分自身を褒めてあげたい。井戸を掘る大きさを変えるだけで、方向は変えたくなかった。
ある時は少し広めに掘ったら、また時には少し鋭く掘ってみたり。

最近はその井戸をどうやって掘ってる?

井戸の外の新鮮な空気を感じてみたくて、休憩をとった。愛犬と過ごしたりもしたし。

休憩をとりながら、飛び立った旅行のVLOGYouTubeチャンネル”テングTV”にアップされてたよね。すごくたくさんの国に行ってた。一番印象的な場所はどこだった?

今回はスイスに初めて行った。ただ静かに休める場所だと思っていたけど、癒しだけではなくて、溢れる感情も感じた。まるでCGを見るような大自然が目の前に広がっていた。山脈がドンとあって、その前に私がいるという状況が、絵なのかな?と思えるほどだった。自然に感動した。本当にきれいで、すごく素敵だった。

旅行するとき計画する方?もしくは思うままに動く方?
実は撮影ではない旅行は初めてだった。なので最初は計画した。
だけど、いざ行ってみると絶対にそんなに動きたくなかった。すごく疲れるし。
何より「なんで私がこの計画通りに行動しなきゃいけないの?仕事でもないのに?」という気持ちになって、予定していたプラン通りに行動するのはやめた。博物館みたいな名所は除いて「ただ休もう。ただちょっと歩いてみよう」というようにノープランだった。

そうやってノープランで過ごした経験の中で記憶に残っているものはある?

うーん、ノープランでたくさんショッピングをした。笑 キャリーも追加で買ったほど。

何をそんなに買ったの?

突然おもちゃにハマる時もあったし、実は冬だったので洋服もかさばった。
だからキャリアをもうひとつ買わないとどうしようもなかった。笑
イギリス旅行に行った時は化粧品をたくさん買ったけど、壊れると思って仕方なく小さいキャリアもまた買ったし。
今思うと一体なんでこれを買ったんだ?と思うものもある。

「一体なんで買ったんだ?」と思うものをひとつだけ公開するなら?

ありえないくらい真っ赤なチークを買ったこと。パールがたくさん入っているリップも。アハハ
本当にそのふたつはなんで買ったんだろう?

ハハ。みんなそうじゃないかな。その時の現地の雰囲気に飲まれるんだよ。

そうそう。その時は買いながら一度くらいはこれを塗ってカロスキルに行こうと考えてた。
でもカロスキルどころか家の前すら出ようか出まいかという感じなのに、これを買ってた。
昨年2018年の色がウルトラバイオレットだったでしょ。
紫色のリップとシャドウも買った。問題は、それをどうやって普段使うか。
今は記念として保管してる。

旅行先の中で「ここはちょっと住んでみたい」と思った場所はある?

ロンドン。人間くさいヨーロッパという感じがして好きな都市。
一か月くらい留まって、近郊に旅行へ行って、色々な場所を経験してみても面白いかもしれない。
特に<ハリーポッター>の影響でイギリスに対する幻想もある。

最近文字を書くのが趣味だけど、どこに何を書くの?

方角用紙のノートを一冊買った。好きな本を読みながら「これだ!」と思った言葉があれば、そのまま書く。気に入った色のペンを選んで写し書きすると雑念が消える。ただの趣味。
共感できる言葉を選んで書くから意味があって、あとで読んでみた時も頭にすっと入る。心が落ち着くのも好き。

その日の感情を筆写するから日記の代わりとしてみても良さそう。

そう。私の感情に合う色に変えていきながら書くのでわかりやすいし。

SNSを見ると、そうやっていつも書いたり、作ったり、何かを一生懸命やるのに忙しく過ごしているね。いつ休むの?

集中しているの。笑 人はいつも何かをしないといけないという強迫観念がある。
最近は文字を写し書きするという新しい趣味を見つけたこと自体に快感を感じて幸せ。
ほかの趣味は、犬をブラッシングをすること!ブラッシングをしてあげると犬が安心して寝る。その姿を見るのが嬉しいし、気分良く集中することが休むことでもある。

そうやって休んでいるときはどんな音楽を聴く?

特定の歌手を好むというより、ランダムでたくさん聴く。
最近出たZAYNのアルバム<Icarus Falls>が好きだし、Billie Eilishも聴く。
ZAYNの曲はバンドのサウンドがとてもトレンディーだし、Billie Eilishは幼い年にcreepy(不思議、不気味)だけれどもメッセージ性のある曲が上手いと思う。

テヨンと一緒にお仕事をした人はみんなあなたを「一緒に仕事をするのに楽な人」という。
こんなに社会生活をうまくやるコツはなに?

仕事をするために集まるけれど、結局私たちはみんな幸せに笑おうと仕事をする。
一緒におしゃべりをして、正直に話をするのが大事。コミュニケーションを通して人間らしい姿で小さな幸せを分け合うの。

感情的なコミュニケーションが重要?

そう。そしてシェアするのもとても大事。伝えるのではなく、お互いに理解し合えるように相手のキャラクターを分析するし、質問もたくさんしたらいつの間にか人間的に親しくなる。
事実、この世のすべてが私の思い通りにはならない。これはどの分野でも言えること。
なので、人間的にコミュニケーションを取り続けながら、打ち解けないといけない気がする。

打ち解けるだなんて、前向きだ。断念する人もいる。
それが一番怖い。諦めることに慣れてしまうこと!そして鈍感になることも。
時々そういう人を見ると揺さぶって起こしたくなる。「しっかりしろ!面白いことしよう!」と叫びながら目覚ませてあげたい。そうやってお互いに前向きな影響を与えることで相乗効果も生まれると思う。

最近意欲的なことはなに?
私は引きこもりの象徴だけど、これからは外に出ようと思っている。
たくさん人に会おうと思う。私の日常も映像にして見せたいという気持ちが生まれた。
だからカメラをもっと持ち歩く予定だ。
聞けば、(ファンは)私がご飯を食べるのも気になるんだって!

日本出張中に撮った朝食モッパン*も興味深く見た。特に食卓に膝をぶつけたかわいい場面。
*モッパン…먹방。食事風景を放送すること

ハハ。そうやって些細なことがなんでそんなに面白いのかなと思ったけど、今までとても芸能的な考えばかりしていたみたい。実際、私もやっぱり”ロンドン遠足”みたいな自然なVLOGを検索しているのにね。
なので、素朴な姿をお見せしたくなった。

以前はそういう姿を見せるのは嫌だった?

うーん。どうしてもそうだった。これが別にすごい意味があることでもないし、「あえて?」と思ってた。

考えが変わったきっかけは何?

今まで公演ばかりしてきたからかな?笑 ファンと共にしてきた歳月があるけど、その時間がなおざりになってしまうといけないから。またバラエティに出るタイプでもないので、ファンたちもすごく気にしている。
バラエティは神経をつかう部分も多いし、何かをしないとという気持ちがプレッシャーなので、
それを私なりにやってみる。
VLOGは全体的に私目線の動画なので、少し気楽だ。そしてSNSを通して人々との距離が近づいたとを感じた。このくらい近づけば、私の些細な姿もお見せできると思った。

これからファン達に見せたい姿は何?

なんだろう。最近はお盆休みにインスタのストーリー機能でファンから質問をもらった。
<SKYキャッスル>の何話はどうだったか、誰を応援するか気になるという質問から、金髪にしてという要求まで数多くの質問で溢れた。
歌を歌うテヨンも良いけど、こうやってファンが気にしている色々な姿を見せながら、もっと親しくなりたい。そしたら私も楽になるんじゃないかな。

もっと親しくなったテヨンを頻繁に見れる。

ファンだけを対象にするわけではなく、最近目指しているヒューマニズムに集中する。
人間くさいのがすごく好きだ。コミュニケーションとヒューマニズムを通して結論的にもっと正直になること。私という人間によって、人と人として、「あ、この人はこういう魅力があるんだな」もしくは「こういうものを共有し合えるかもしれない!」という良い影響を及ぼす人でありたい。


最後の質問に対する回答、むずかしい!
ヒューマニズム?結論的に正直になる?なんて哲学的インタビュー!笑

ひとつひとつ私なりに調べてみました。

ヒューマニズム人間性を称揚し、さまざまな束縛や抑圧による非人間的状態から人間の解放を目指す思想。
出典:デジタル大辞泉

束縛や抑圧によって機械的に生きるのではなく、人間らしく生きようってこと?と思ったんですが(笑)
どうやら人道主義のことを指すようで、人権や平等を大切にし、人類の福祉向上を目指す思想のことのようです。

「歌手キム・テヨン」として生きているテヨンちゃんが、もっと周りの人たちとコミュニケーションを取って、人間らしく生きることによって、仕事人間テヨンではなく、自分自身の魅力を伝えたりしたいってことかなと感じました。
前回のHIGH CUTのインタビューでもいえることですが、テヨンちゃんは本当に「人間」「生きること」について勉強しているんだなぁと感じます。
インタビューの内容が難しい。。笑