【海外生活】私がローカルジョブをゲットした方法

こんにちは!
今日は、「オーストラリアでの職探し」についてお話させて頂きます。

オーストラリアにワーホリ・または留学されている方は
一度は経験するであろう「ジョブ探し」。
特にワーホリの方は、よほどの貯金がない限り、仕事をしないと生活できないですよね。

オーストラリアで働くというと

1.ジャパレス

2.ローカルカフェ

この2つを思い浮かべると思いますが、私は最初オフィスジョブを探していました。
というのも、いずれシンガポールに戻って働きたかったので、経験になる仕事がしたかったからです。

オーストラリアはとにかく「学歴」より「経験」を重視するので、
経験がなければ雇ってもらうのは難しいです。(東大のようにずば抜けていれば話は違うかもしれませんが…)
私は日本での就労経験はあるものの、経歴が浅い上に少し特殊な職業だったので、なかなか条件が合う仕事が見つかりませんでした。
3社に応募して、1社だけ面接を受けさせてもらいましたが、不合格…
日本で何度もお祈りされているので、それくらいではへこたれません(笑)

実際、経験重視とはいえど日本の大学を出てオーストラリアで就職というのは難しいですよね。
それもワーホリビザ!かなり根気のいることだと思います。




私はそれよりレントを払わなければならなかったので、この頃から「なんでもいいからバイトしよう!」と考え始めました。
とはいえ、ローカルで働くには1~2か月はかかると聞くし、大丈夫かな…と不安になり
夜中にオーストラリアでのバイト探し方法を検索しまくりました。(笑)

オーストラリアでバイトを探すには、4つの方法があります。

・紹介(これが一番良い!)→渡豪一週間の私には伝手なんてないので、断念
・ひたすらレジュメを配り歩く
・Gumtree等で募集しているお店にレジュメを送る
・GumtreeやFacebookで広告を載せる

バイト探しを始めた時、ちょうどメルボルンは雨続きだったので、
「この雨の中、レジュメ配り歩くのはなぁ。傘も持ってないし、まずは広告載せてみよう!」と
GumtreeとFacebookのコミュニティに「仕事探してます!」とメッセージを載せました。

今回は私がお仕事をいただいたGumtreeでの広告の載せ方についてご紹介しますね。

Gumtreeのホームページ右上のPost an addから広告を載せていきます!

f:id:dajung155:20190823200244p:plain

この先はGumtreeから言われるがままに条件等を入力してください。
そして一番大事なのがDescriptionです。
ここには、自分のスキルや経歴、どのくらい働けるか等を書きます。

実際に私が出していたadはこんな感じ↓

f:id:dajung155:20190823200503p:plain
今見ると誤字や文法誤りが酷いですが、スルーしてください。

ビザの期限や、どのくらい働けるか、何ができるか等を書きました。
日本人はなんでも謙遜してしまいがちですが、ジョブゲットにはとにかくアピールが大切!!

Summaryの "greet visitors with my brightness""なんて、笑っちゃいますよね。きらきらです。
でも、それで大丈夫です。
こちらでは謙遜しても、それを謙遜とは受け取ってもらえず、マイナスなイメージになってしまいます。

Gumtreeに広告を掲載してから、いくつか怪しいメッセージが来ました。(笑)
これは女性特有かもしれませんが、

・金銭的にサポートしてあげるよ
・僕は医者なんだけど、もっといい仕事紹介するよ

とか。(笑)こんなやかましいメッセージも来ますが、騙されないようにしてくださいね。

広告掲載して2日くらい経ってから
「〇〇にあるカフェで、キッチンハンド探してます!オーナーの携帯に連絡してみて」とメッセージが。

Googleでカフェの名前等を調べると、ちゃんと実在するカフェで、
オーナーの名前も間違いないことが確認できたので、さっそく連絡!

オーナーに連絡したところ、

・いつから働けるか
・どれくらい働けるか
・ビザの種類、期限
・キッチンハンドはやったことあるか

を聞かれました。
私はキッチンハンドの経験がなかったので、
正直に「キッチンハンドの経験はないですが、ベーカリーでキャッシャーとか掃除やってました!料理はできます!毎日作ってます!(事実)」とアピールしたところ
オーナー爆笑(笑)「料理はできるんだね!(笑)トライアルきてみる?」とお返事が!

「トライアル行きたい!働きたい!!」と伝えて、トライアルの日時等を聞いて電話は終了しました。

前述したように、日本人はなんでも謙遜してしまいがち‥
それは日本人の良いところでもあるんですが、
オーストラリアでジョブをゲットするには「できる!やりたい!やる!」と、熱意が伝わるようにハキハキと話すのがポイントです。

結果、私は現在ローカルのカフェでキッチンハンドとして働いています。
トライアル中も、とにかく教わったことをやり続けて、ぼーっとしている時間がないように心掛けました。
まあ、ぼーっとしている時間すらないくらい、忙しいお店なんですけどね…
英語環境&慣れない職場で働くのは大変ですが、楽しいこともたくさんあります!
一緒に頑張りましょう!

本日も読んでくださり、ありがとうございました♡

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村