Timelapse Fantasy

海外旅行・写真・動画づくりが好きなワーホリ女子のブログ

Transit City Tour / Qatar

ブカレストから日本まではカタール経由で帰国しました。

カタールでの乗り継ぎ時間はいつも1時間ほどなのでバタバタしていることが多いんですが、今回は12時間近く時間があったので、念願叶って(?)ツアーに申し込んでみました。

 

普段旅行に行くときは事前に細かい情報収集をして、きっちり旅程を組むことが多いんですが

たまに、ものすごく雑になる瞬間があります。

 

今回のシティツアーは、無計画で挑みました。

まあ、ツアーだから計画する必要はないんですけどね…

 

まず、ツアーの申し込み方がわからない。

 

ドーハに着いて、トランジットと書いてある方に向かって歩いていると

出国前の手荷物検査場と、その側にTransfer deskとHotel accomodationという窓口がありました。

(どちらの窓口も名前うろ覚えです… すみません)

 

とりあえずどちらかに聞けば教えてもらえるだろう!と

Hotel accomodationのデスクのお姉さんに

「シティツアーはどこで申し込んだらいいですか?」と聞いてみる。

フライト後でパンパンに浮腫んだ顔、すっぴん眼鏡で、綺麗なお姉さんに声を掛けるのはとても勇気のいることでしたが、

お姉さんは優しく「手荷物検査が終わったら、下に下がればあるわよ」と教えてくれました。(今考えるとものすごい雑だな)

 

とりあえず手荷物検査するか〜と思ったら、

今度は手荷物検査のお兄さんが私たちの前に立ちはだかる。

 

お兄さん「明朝のフライト?ホテルは?決まってないならそこのデスクで申し込んでね」

私「ホテルは決まってないけど、シティツアー行きたくて…」

お兄さん「ツアーはA4ゲートのシティツアーデスクで申し込めるよ!」と

ご丁寧に搭乗券の裏に”A4 city tour desk”と書き込んでくれた。

 

そして最後にお兄さんに「日本語で”さよなら”はなんていうの?」と聞かれて

「バイバイだよ!」と答える私。大バカ者です。 

 

そこは「さようなら」ですよね。

何もかも、フライト後のむくみのせいだ…

 

お兄さん「バイバイ?!英語と同じだね!バイバイ!ツアー楽しんでね!」とめちゃくちゃ優しい人でした。

ありがとう、お兄さん。(後にこのA4 city tour deskというメモが私たちを混乱させることになる)

 

手荷物検査を終え、教えられた通りA4ゲートに急ぐ私たち。

 

途中、ハマド国際空港で有名なクマちゃんに会いました。

 

f:id:dajung155:20190804024013j:image

 

A4ゲートを目指して、遊歩道をどんどん進む私たち。

無事A4ゲートに到着するも、ツアーデスクが見つけられない。

お兄さんが書いてくれたメモをもう一度見る。

何度見ても”A4 city tour desk”と書いてある。

 

もしやA4ゲートでツアーの申し込みもやってるのかな?そんなことある? 混乱する私たち。

 

とりあえず、聞いてみるか…と

A4ゲートのスタッフさんに「あの、シティツアーの申し込みはA4 city tour deskって言われたんですけど…」と聞いてみたら

 

「あー!ツアーデスクなら、まっすぐ行ってすぐのところにありますよ!」と教えてくれました。

 

母と「 デスクあったっけ?なかったよね?」とか言いながらとりあえず言われた方に歩いたら

 

あった。笑

 

わりと普通にありました。

A4ばかり見すぎてて、気付かなかったなぁ。

 

私たちが申し込んだのは最後の20時スタートの回。

18:45最終申し込みで、1人2000円くらいでした。

 

受付の女性に「18:50集合だからね。それまで自由にしてて。」と言われ、すぐ側にあったソファでのんびり。

弱いけどWi-Fiも飛んでました。

 

時間になり、オンライン予約した人が優先的に呼ばれます。

この時点でオンライン予約していない人がスタッフのところに行くと

「今はオンラインの人だから、そこに座っとれ」と言われていました。

 

なんか、すごくボスっぽい。強そう、好き。

 

いよいよ当日予約組が集められ、1人ずつ名前を呼ばれます。

そわそわしていたら母の名前が呼ばれ、その後

 

Mo !!!!!!

 

と呼ばれる。(叫ばれる)

「え、mo?www 絶対私だよね?私momoだけど私でいいよね?」と戸惑いながら

 

yes!!!!!

 

と叫び返しました。

 

f:id:dajung155:20190804025242p:image

 

よかった。名前ちゃんと合ってる。

ブカレスト経由なのにブダペスト経由になってるの笑える。

 

強そうなスタッフに連れられ、入国審査に向かう我々ツアー一行。

遊歩道の先頭を歩くスタッフ、時折携帯をいじりながら立ち止まり、その度に30名ほどが一気に止まる光景は本当に面白かったです。

 

私と母は思いました。

「この人は強い。逆らえない。この人について行こう。」と。

 

入国審査も終えてバスに乗り込むと、別の添乗員さんにバトンタッチ。

そして、この方がまた強そうだった。

一瞬にして私たちのボスは添乗員さんに変わりました。

 

バスは各席にお水とお菓子が用意されていました。

f:id:dajung155:20190804025807j:image

お菓子美味しかったです。食感は月餅みたいな感じだった気がする。

 

いよいよツアー開始です。

ここから説明が雑になります。なぜならとっても眠かったから。ごめんなさい。

 

最初、3箇所回るよと説明されていたのですが、

なぜか4箇所まわりました。

 

1箇所:ハーバー

自由時間は10分。

 

f:id:dajung155:20190804030031j:image
f:id:dajung155:20190804030034j:image

 

水面に反射する光がとても素敵です。

ちょっと香港を思い出しました。

 

2箇所目:スーク(市場のようなところ)

自由時間は45分。

f:id:dajung155:20190804030135j:image

このお店すごく可愛かったなぁ。

現金を持っていなかったことと、割れ物だったので何も買いませんでした。


f:id:dajung155:20190804030138j:image

伝統的っぽい建物。

市場はカフェやレストラン、スパイス屋さん、生地屋さんや雑貨屋さんなどが並び迷路のよう。

鳥やウサギ、猫も売られていました。

 

f:id:dajung155:20190804030342j:image

 

パロット屋さん…?

 

3箇所目:なんとか村。

4箇所目:ショッピングモールのようなところ

 

どちらも自由時間は10分程。

公共のフリーWi-Fi利用とトイレの利用を勧められました。

疲れ果てていて2箇所とも記憶がほぼありません。写真も撮っていないです…

 

無事にツアーが終わり、空港にて解散。

ツアー自体は3時間ほどでした。

2時間半ほどというブログも見かけましたが、私たちの時は遅刻してきた方がいたので、時間がかかったのかもしれません。

 

現金を持っていて、ある程度元気があればかなり楽しめるツアーだと思います!おすすめです。

スークはカードも使えるそうですが、屋台とかは微妙そうだったので、使いませんでした。

 

★ちなみに、散々私たちが探し回ったツアーデスクは、このクマちゃんを正面に見て左側をまっすぐ進み、左手側にありました。

 

f:id:dajung155:20190804024013j:image

 

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村